第21回~ルーキィです。宜しくお願いします。~

「ルーキィです。宜しくお願いします。」 投稿者:サラ

我が家の家族の一員だったビーグルのショコラお姉さんです。2012年10月13日に13歳11カ月でメラノーマを患い、発見から299日目に旅立ちました。両親は彼女が逝くまでの数カ月間キューブラロスの理論通りの心の変遷をしました。然し、先生方は真摯に彼女に向き合って両親を支えました。また、院長先生は両親の見事なセラピストでもありました。
癌は、一面楽しい時間を皆に与えてくれました。残りの時間を如何に過ごすか、計画を立てるチャンスを与えてくれました。両親と彼女は2週間に1回の思い出旅行を続けました。今両親は彼女との思い出を沢山持っています。未だママの目からは時々涙がこぼれます。彼女の形が見えない悲しさだけで、心の中には彼女はちゃんと存在しているのですが。家族は今、彼女が家族の一員でいたことにとても感謝をしています。彼女が家族に与えた幸福は表現できないくらい大きなものでした。
 そしてワタシ、サラ(アビシニアン)は1月7日にパパに連れられてここの家族の一員になりました。初めは、どうも犬を選ぼうと思っていたらしいのです。両親は老域に入ったし、お兄さんとお姉さんはとても忙しい仕事をしているため、もし両親に何らか不測の事態があった場合、犬の散歩は出来ないと判断して、ワタシを選びました。ワタシは、音にとても敏感ですが、新しい家に行っても臆することなく1日目から今日まで家中を走って体を鍛えています。今ではキャットタワーの天辺にまで平気で登れるようになりました。因みにサラという名前は、両親がワタシがすご~く長生きをするようにと願いを込めて付けたそうです。ワタシは長い時間をかけてこの家族になります。皆さん、これからどうぞ宜しくお願いします。

サラより

↓写真のサムネイルをクリックすると、拡大画像を見ることができます。

サラ さん、投稿いただきまして、誠にありがとうございました☆

——————————————————————————————————-

皆様も、「うちの子」をブログで紹介してみませんか?

掲載をご希望の方は、
http://www.yamada-animalhospital.com/index.php?inquiry

こちらのページの投稿フォームに必要事項を書き込んでいただき、「確認」ボタンを押してください。
お写真は3枚までアップロードできます(1枚につき1MB以下でお願いします)。

※但し、ブログの内容が特定の人物に対する誹謗中傷であったり、その他不適切な内容であると判断した場合は、掲載を見送らせていただく場合もございます。予め、ご了承ください。

皆様の投稿を、お待ちしております!!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>